1. トップページ
  2. 矯正治療について
  3. 上顎前突・過蓋咬合

お子さんの矯正治療

Tanaka orthodontic office 田中矯正歯科

【1】受け口(反対咬合)
下の前歯や下顎が前に出ている状態。
上の前歯の数本が下の前歯の内側に入っている場合もあります。
※基本的に早めの治療をお勧めします。
【2】八重歯・乱ぐい歯(叢生)
歯がデコボコに生えている状態。
小さな顎に大きな歯が並ぼうとした結果、起こることもあります。
※程度により早めの治療をお勧めする場合と治療開始するタイミングまで待てる場合と別れます。
【3】開咬
口を閉じても前歯が上下で噛み合わない状態。
前歯でものが噛み切れない場合も多いです。
※程度により早めの治療をお勧めする場合と治療開始するタイミングまで待てる場合と別れます。
【4】出っ歯
上の前歯や上顎が前へ突き出ている状態。時には下顎が上顎に比べて小さく引っ込んでいることもあります。
※程度により早めの治療をお勧めする場合と治療開始するタイミングまで待てる場合と別れます。
【5】すきっ歯(空隙歯列)
歯と歯の間に隙間がある状態。
乳歯のうちは隙間があるのが普通ですが、永久歯に変わってもすきっ歯なら、歯が小さかったり、歯の数が足りなかったり、余分な歯が歯と歯の間に埋もれているなどの理由が考えられます。
※程度により早めの治療をお勧めする場合と治療開始するタイミングまで待てる場合と別れます
【6】過蓋咬合
上の前歯が下の前歯に深くかぶさっている状態。
下の前歯が上の前歯に隠れて見えないこともあります。
※程度により早めの治療をお勧めする場合と治療開始するタイミングまで待てる場合と別れます。
【7】交叉咬合
奥歯の噛み合わせが悪くて顎が横にズレている状態。そのため、下の前歯のまんなかのライン(正中線)がズレていることも多いです。
※基本的に早めの治療をお勧めします。

お子さんの矯正治療