1. トップページ
  2. 矯正治療について
  3. おとなの矯正治療・治療例

おとなの矯正治療・治療例

Tanaka orthodontic office 田中矯正歯科

上顎前突

詳細を見る

上顎前突

詳細を見る

下顎両側第二小臼歯先天欠如症例

詳細を見る

虫歯により上顎両側側切歯抜歯したケース

詳細を見る

矯正用ミニスクリュウを利用したケース 上下顎前突

詳細を見る

矯正用ミニスクリュウを利用したケース 開咬

詳細を見る

叢生 そうせい (乱ぐい歯、八重歯)

歯の大きさと骨の大きさのバランスが悪いことにより歯が重なりあうため、きれいに並ばずデコボコとした歯ならびになる。犬歯の叢生は八重歯といわれ特にアメリカではドラキュラみたいに嫌がられます。 この状態は、歯ブラシが隅々まで行き届かず虫歯や歯槽膿漏などの原因になる場合があります。

詳細を見る

過蓋咬合 (かがいこうごう)

上顎の歯が出ている状態です。歯の角度だけでなく骨格が関係している場合もあります。このような方は、口を閉鎖するのが困難のため常に口をあけている状態になりやすく、口の中の衛生環境全体に影響をあたえます。また上手くかみ合わせることができないため顎の関節にも負担をかけたり、顔のつくりに影響をあたえやすいためコンプレックスの一因にもなります。

詳細を見る

出っ歯(でっぱ)

上顎の前歯が下顎の前歯を覆うように深く咬みこんでしまう状態です。
必要以上に深くかみ込んでしまうため、歯の接触がきつく歯をすり減らしてしまいます。
また顎の運動に支障が生じ、症状が進むと顎関節症などを併発する恐れがあります。

詳細を見る

切端咬合(せったんこうごう)

正常な歯は前歯上顎の歯が下顎の歯を覆っている状態です。切端咬合は歯の先端と先端がかみ合わさっている状態になり、前歯の先に大きな負担がかかります。

詳細を見る

開咬(かいこう)

前歯が開いていて咬めない状態です。

詳細を見る

すきっ歯

詳細を見る

反対咬合・下顎前突症(はんたいこうごう・かがくぜんとつしょう)

外科手術を伴う矯正治療の例

詳細を見る