矯正歯科治療のメリットとリスクについて

Tanaka orthodontic office 田中矯正歯科

矯正歯科治療のメリット

矯正歯科の目的は、歯並び、咬み合わせの改善にあります。さらに良好な咬合の維持することで患者さんのQOL(Quality Of Life)の向上を目指します。

  • ① 歯科疾患の予防
  • ② あご骨の成長発育障害の予防
  • ③ そしゃく機能の改善と維持
  • ④ 口唇閉鎖不全の改善
  • ⑤ 発音の改善
  • ⑥ 顎関節と咬合との調和
  • ⑦ 体のバランスや運動能力の改善
  • ⑧ 一般歯科治療を行うために必要な歯の移動が可能になる

矯正歯科治療をすると、性格がポジティブに向かう傾向があるとされています。ともすると、わたしたち矯正歯科医は、歯並びや咬み合わせの改善、さらには副次的なその予防に目を向けますが、矯正歯科を受診する患者さんの多くは外見の改善に大きな価値をおいています。わたしたち矯正歯科医は、患者さんが健康で美しい外見を求めることを後押ししています。


矯正歯科治療のリスク

① う蝕、歯肉炎、歯周炎

矯正装置の装着は歯の脱灰(齲蝕)のリスクを高めます。
矯正治療中のブラッシングや予防処置が非常に重要となります。
齲蝕の発症には多くの因子が関与するので、歯ブラシ指導だけでは予防できません。口腔内状態の把握と唾液検査によるリスク判定を行い、その結果を受けて食事指導、歯ブラシ指導、補助的清掃道具、フッ素の応用、シーラント、PMTCなど多面的に行ってきます。(※かかりつけの歯科医院と連携して行っていきます。)
治療中で歯の脱灰が急速に進行しているのが確認された場合には、矯正治療を中断する場合がございます。何卒ご理解の上、宜しくお願いします。

③ 歯根吸収の発現

ある程度の歯根吸収は発現しますが、適正な矯正力による歯根吸収は修復され、最小限に留めることができます。また歯根吸収を引き起こすような矯正力をかけることはできるだけ避けるようにします。

④ 歯肉退縮

矯正歯科治療に伴い、歯肉の退縮や付着歯肉の喪失を生じることはあります。
このような現象は、歯を支えるための歯槽骨がなく、角化した付着歯肉がほとんどない場合に特に頻繁に認められます。歯肉退縮を認める歯については、治療を開始する前に付着歯肉を増大して歯肉を上げるなどの処置を考慮します

➄ 顎関節症

矯正治療で咬み合わせや歯並びを治す際には、当然、歯を動かすために今まで咬んでいた状態では咬めなくなることがあります。
予測してなるべく問題なく咀嚼できるよう努めますが、このように一時的とはいえ咬み合わせを変化させることになり、あごに負担がかかる場合がかかり痛みや関節雑音がする場合があります。特に食いしばりや歯ぎしりをされている方は関節の症状が出る場合が多いです。

関節の症状が出ても、その多くは時間の経過とともに自然消失しますが、中には問題になることもあります。症状が出たらまずは、精査致します。 痛みが出て、長期間症状が消失しない場合は矯正治療を中断する場合もございます。矯正治療開始前から顎関節症が認められる場合、
スプリントと呼ばれるマウスピース型装置を使って、顎の位置を安定してから治療に入る場合もあります。

➅ 痛み

矯正治療は無痛ではありません。処置をした後2~3日は強い痛みや違和感がでやすい為、大事な予定の前は処置を避ける等して予約の調節をお願いします。当医院では、痛み止めの処方、コールドレーザーの使用により辛い痛みが続かないようにコントロールをしています。

➆ 矯正治療に必要な永久歯抜歯の可能性

必要な場合は、永久歯といえども抜歯を行って治療を致します。
抜歯により空いたスペースは処置により完全に閉鎖致します。
※矯正治療のために永久歯を抜く場合は保険が適応されない為、1本につき5千円~1万円程の料金が発生します。(クリニックごとに値段が異なるためかかりつけ医にご確認下さい)歯を抜く時期、タイミングは必ずお伝え致します。

⑧ 矯正装置による口内炎

歯に装置を付けると、口唇に当たって口内炎が出来る場合があります。
体が疲れている時や睡眠時の寝相により口唇粘膜を圧迫して出来たり、運動時に他人の手や腕が口や頬に当たることで粘膜の損傷が起きたりすることがあります。 装置を包み込む保護ワックスの使用や、保護カバー(プラスティック製)などを使用することで対処できます。

⑨ 矯正装置の誤飲、誤嚥の可能性

矯正装置を正しく使用していても、矯正装置にくくりつけているゴムが外れてきて誤飲してしまったり、プラスティック製装置を咬んでしまったことで破折片が出て、それを誤飲してしまったすることが希にあります。
その際には、まずクリニックに連絡下さい。当院がお休みの日は、かかりつけの歯科医院、もしくは休日診療所に連絡していただき、対応して頂ければと思います。形状的に柔らかく、小さいものでも必ずご連絡を願いします。その後、病院にてレントゲン撮影し腹部を確認する必要があります。
誤飲誤嚥の疑いがあり呼吸困難を伴う場合には救急車を要請してください。
来院可能であれば、誤飲誤嚥の状況を確認し、対応できる医療機関へ依頼します。来院時に確認された場合には、本人保護者にその旨を伝え、エックス線検査と異物除去の判断を医療機関へと依頼します。

ハイムリック法 

救助者は、窒息した患者を立たせて後ろ側に立ち、手を患者の腹部に回し、横隔膜下部を突き上げるように圧迫する。この時、片手は拳を握り、臍と胸骨の剣状突起の間に付け、もう片方の手はこの拳を握るようにする。
この動作により肺が圧迫され、成功した場合は空気圧で気管内の異物を除去することができる。

背部叩打法

横になっている場合、救護者の側に向けて横向きに寝かせます。
そして、両方の肩甲骨の間を頭の方向に向かって、手のひらで叩きます。
ハイムリック法で効果がなかった場合は、ご利用者さんを改めて寝かせる必要はありません。イスに座った状態で背部叩打法を行います。
イスに座った状態でご利用者さんの頭を下げ、胸の辺りに救護者の手を当てます。そして、両方の肩甲骨の間を頭の方向に向けて、手のひらで叩きます。
のどに物が詰まったときは、緊急対応を行うと同時に緊急搬送を依頼することも忘れないでください。

⑩ 金属アレルギーについて

矯正治療では、治療上 コバルトクロム、ニッケルチタンが使われたワイヤーを使用することが多いです。 金属アレルギーがある方は申し出て下さい。アレルギーフリーのチタンやワイヤーを使用しないで治療する代替の方法もございます。 ただし他のアレルギーも数多く合わせ持つ方の場合は矯正治療自体が出来ない場合がございます。
又、今まで金属アレルギーが認められなくても、矯正治療により発現することもありえます。 その場合、発現したアレルギーを検査にて特定する必要が生じます。 対応して治療に当たりますが、症状がひどい時期は一定期間、矯正治療が中断する可能性もあります。ご理解下さい。

⑪ 後戻り、保定の必要性

歯がきれいに並んで装置を外したら、おしまい、ではありません。
矯正治療の動的治療後、歯は非常に不安定になっており再発しやすくなっています。そのため、保定装置と呼ばれる取り外し式(固定式装置もある)を後戻り防止のために使う必要があります。
歯の移動に伴い歯槽骨、歯根膜、セメント質は組織変化を起こしており、生理的な状態へ戻るには3~4ヶ月必要であると言われています。さらに、歯槽上繊維や歯肉弾性繊維の再構築には1年以上の期間が必要とされ、これらの繊維からの力は歯の移動をもたらすと考えられています。治療後の歯は新たな位置で舌、口唇、頬よりの力と咀嚼筋の咬合圧を受けており、それらの適応に一定の時間が必要であり、症例によっては不安定な位置に置かれ、変化しやすいままになることも考えられます。不正咬合をもたらした口腔習癖や顎顔面の成長が残存する場合にはそれらへの対応と歯の位置を維持するために器械的保定装置が必要となります。 (特に下顎前歯部の叢生は再発しやすく、加齢に伴う咬合の変化もあるため、長期の保定を推奨する意見もあり、犬歯間固定保定装置などがお勧めです。)


日本矯正歯科学会編集 一般的なリスクや副作用

矯正歯科治療に伴う一般的なリスクや副作用について

  • ① 最初は矯正装置による不快感、痛み等があります。数日間~1、2 週間で慣れることが多いです。
  • ② 歯の動き方には個人差があります。そのため、予想された治療期間が延長する可能性があります。
  • ③ 装置の使用状況、顎間ゴムの使用状況、定期的な通院等、矯正治療には患者さんの協力が非常に重 要であり、それらが治療結果や治療期間に影響します。
  • ④ 治療中は、装置が付いているため歯が磨きにくくなります。むし歯や歯周病のリスクが高まります ので、丁寧に磨いたり、定期的なメンテナンスを受けたりすることが重要です。また、歯が動くと 隠れていたむし歯が見えるようになることもあります。
  • ⑤ 歯を動かすことにより歯根が吸収して短くなることがあります。また、歯ぐきがやせて下がること があります。
  • ⑥ ごくまれに歯が骨と癒着していて歯が動かないことがあります。
  • ⑦ ごくまれに歯を動かすことで神経が障害を受けて壊死することがあります。
  • ⑧ 治療途中に金属等のアレルギー症状が出ることがあります。
  • ⑨ 治療中に「顎関節で音が鳴る、あごが痛い、口が開けにくい」などの顎関節症状が出ることがあります。
  • ⑩ 様々な問題により、当初予定した治療計画を変更する可能性があります。
  • ⑪ 歯の形を修正したり、咬み合わせの微調整を行ったりする可能性があります。
  • ⑫ 矯正装置を誤飲する可能性があります。
  • ⑬ 装置を外す時に、エナメル質に微小な亀裂が入る可能性や、かぶせ物(補綴物)の一部が破損する 可能性があります。
  • ⑭ 装置が外れた後、保定装置を指示通り使用しないと後戻りが生じる可能性が高くなります。
  • ⑮ 装置が外れた後、現在の咬み合わせに合った状態のかぶせ物(補綴物)やむし歯の治療(修復物) などをやりなおす可能性があります。
  • ⑯ あごの成長発育によりかみ合わせや歯並びが変化する可能性があります。
  • ⑰ 治療後に親知らずが生えて、凸凹が生じる可能性があります。加齢や歯周病等により歯を支えてい る骨がやせるとかみ合わせや歯並びが変化することがあります。その場合、再治療等が必要になる ことがあります。
  • ⑱ 矯正歯科治療は、一度始めると元の状態に戻すことは難しくなります。
ページ上部へ