1. トップページ
  2. ニュース
  3. 初診診断体験記

『40代の矯正治療』初診診断体験記

Tanaka orthodontic office 田中矯正歯科

田中矯正歯科の初診診断を体験してみました!

40代になってから矯正したくなったこと

若いころ会社の先輩OLが結婚前にブライダル矯正をしているのを見てから矯正にはずっと興味がありました。

ただ、金銭的な事はもちろんですが、仕事のために定期的に医院に通えるかどうかなどいろいろ考えて二の足を踏んでいました。

また、奥歯などはむし歯治療あと歯が多く、銀歯だらけです。

その上、子供の頃に転んで前歯を折ってしまい、上の前歯2本が差し歯であることも重なって、「むし歯が多くて矯正治療は出来ないのではないか?」「差し歯があると矯正治療は出来ないのではないか?」という思いがあり、なかなか実行できないまま40代になりました。

気持ち的にも(もちろん金銭的にも(笑))余裕が出てきた今、矯正したかったという気持ちが強くなり、ひとまず初診診断だけでも受けてみる事にしました。

自分的に気になっているのは前歯のすぐ横の歯が後ろに下がっていること。
このせいでずっと、口を開けて笑うのが苦手でした。また、歯磨きも大変で、食べ物が歯に挟まることも多かったのが悩みです。

田中矯正歯科の印象

すごく綺麗でおしゃれな矯正医院だなぁ…と思ったのが第一印象です。

また、わたしは県外(埼玉県在住です)から通うことになるので田中矯正歯科はJR市川駅のすぐ近くにあるので通うことになっても便利でいいな!と思いました。

初診診断開始!

初診診断ということで、てっきり先生とお話するのが最初かと思っていたのですが、実際はレントゲン撮影が最初でした。

レントゲン撮影が終わると歯の写真を色々撮影してもらいました。口を大きく開けることが苦手だったのでちょっと大変でしたが、歯科衛生士の方が撮影用の器具(奥の歯までちゃんと撮影出来るように口を抑える透明なプラスチック?の装置)を使って優しく指導してくださいましたので、ドキドキしながらも撮影を終えました。

また、口の中以外にも顔写真などたくさん撮影しました。

矯正治療のすすめかたの説明

そのあと、TC(トリートメントコーディネーター)の方から矯正治療についての一般的なお話をいろいろ伺いました。

矯正装置の種類、矯正器具が目立たない装置など数種類のメリットや矯正期間、それから費用についてなどを資料を交えて説明していただきました。